防御・検出・対応ができるオールインワンセキュリティソリューション

Cisco AMP for Endpoints

  • 既知・未知のマルウェアを防御
  • 侵入を許したマルウェアは遡って対応
  • 感染の原因や経路を特定できる

この製品についてのお問い合わせ

AMP for Endpoints 4つの特長

1優れたマルウェア防御機能

Ciscoの優れた脅威インテリジェンスを使い、脅威を高い精度で判別しブロックします。さらに、判別できない怪しいファイルはサンボックスで安全に解析、判別します。

優れたマルウェア防御機能

2過去に遡ってマルウェアを検出

侵入時点ではマルウェアと判定されなかったファイルが、最新の解析によりマルウェアと判定される場合があります。一度調査したファイルを覚えておき、後日合致するマルウェアが見つかった場合、瞬時にそのファイルを隔離します。

過去に遡ってマルウェアを検出

3脅威が侵入した場合の対策も万全

どの様に侵入しどんな通信を行ったのか、感染原因を特定できます。さらに、そのマルウェアに最初に感染したシステムや広がった範囲も特定できるので、脅威に感染した後の対応が迅速に進められます。

脅威が侵入した場合の対策も万全

4既存のアンチウイルス製品と共存可能

Cisco AMP for Endpointsは、すでに稼働しているウイルス対策製品と共存することもできます。既存環境にCisco AMP for Endpointsを導入することで現資産を活かしつつマルウェア対策が強化できます。

既存のアンチウイルス製品と共存可能

従来のネットワーク製品との比較

AMP for Endpoints ウイルス対策ソフト
■ブロックできる脅威
ウィルス
トロイの木馬
ボット
ワーム
スパイウェア
キーロガー
バックドア
■レトロスペクティブセキュリティ(*1)
■端末に入り込んだ脅威の分析 クラウド上で処理 端末上で処理
  • *1:一度は脅威なしと判定され侵入したものの、後から脅威が発覚したファイルを検知し、隔離、ブロックする機能。

AMP for Endpoints の必要ライセンス数について

ライセンスは、ユーザー数ではなくデバイス数で必要となります。たとえば、AさんがPCとスマートフォンを、BさんがPC、スマートフォン、タブレットを利用している場合、2ライセンスではなく、5ライセンス必要となります。

AMP for Endpointsの必要ライセンス数について

AMP for Endpointsで利用されている脅威インテリジェンスのご紹介

世界最大規模のセキュリティ専門家チーム

「TALOS」は、Ciscoのネットワークセキュリティを支える業界トップのサイバーセキュリティインテリジェンス&リサーチグループです。250名を超える脅威のスペシャリストで構成されています。日々、圧倒的なサンプル数の通信データを解析し、1,100種類以上のデコイシステムとトラップを使い、様々な脅威をおびき出し検出します。その結果、1日に150万件のマルウェアを分析し、年間7.2兆もの攻撃を防御します。その成果は、Cisco AMPをはじめとする、Ciscoの様々なセキュリティ製品で利用されています。

詳しくはこちら