Cisco Webex

「働き方改革」を支えるCiscoのコラボレーション

成果を生み出すチームのためのコラボレーションプラットフォーム Cisco Webex

この製品についてのお問い合わせ

Cisco Webexが
支持される3つの理由

1チーム内のシームレスなコミュニケーションを実現

「Webex Teams」は、組織や場所を超えたグループやプロジェクト単位で利用可能。音声やビデオ、ドキュメントを自在に共有し、生産性の高いコミュニケーションを実現します。

チーム内のシームレスなコミュニケーションを実現

2簡単でセキュアに使えるクラウド型Web会議

「Webex Meeting」は、PCからも、スマートフォン/タブレットからも利用でき、ビデオ会議端末とも接続可能なWeb会議。容易な操作性や拡張性、セキュリティなどが評価され、世界で最も使われています(※)。
※ Synergy Research, 2017

簡単でセキュアに使えるクラウド型Web会議


3目的に合わせて選べるビデオ会議端末の幅広いラインアップ

ホワイトボードを使って伝わる会議ができるWebex Board、簡単に少人数で使えるWebex Room Mini、ディスプレイ一体型で自席での利用に最適な DX80などニーズに合わせて選べます。

目的に合わせて選べるビデオ会議端末の幅広いラインアップ

Webex製品がもたらすコミュニケーション改革

【Before】Webex導入前

会議準備

会議準備

  • 参加者に配布する資料を人数分印刷する必要がある。
  • メール等での日程調整は、各メンバーと連絡が必要で、時間を要する。
会議中

会議中

  • 参加メンバーは、会議の場で初めて資料を読むので、理解に時間がかかる。
  • 新しくチームに参加したメンバーは、経緯がわからず議論に加われない。
  • 急な出張などが発生すると、会議に参加できなくなる。
  • テレカンファレンスや映像、単純な資料共有機能によるリモート会議の場合は、リモートでの発言が何を指しているかがわかりにくく意思疎通が困難。
会議後

会議後

  • 書記が議事録をまとめる必要があり、時間を要する。
  • 参加できなかったメンバーへ改めて会議内容を伝える必要がある。

【After】Webex導入後

会議準備

  • メールを使わず簡単に資料共有。事前に議題や資料を確認できるので、自分の意見をまとめておける。
  • グループチャットでメンバーと気軽にやり取り可能。事前に役割分担することで、無駄がない。
  • 途中から参加したメンバーも過去の議論の閲覧が可能。情報共有の漏れが防げる。
改善点

会議前の労力を削減し、準備を整え会議に参加できる。

会議中

  • 事前に情報共有ができているので、中身の濃い会議が可能。
  • PCやスマートフォンで会議に参加できるので、忙しい人も参加しやすい。
  • 操作が簡単。音質や画像がクリアで自然なミーティングが実現できる。
  • 手書きの書き込みもリアルタイムに共有できるので、意思の疎通がしやすい。
改善点

時間の浪費を排除し、より多くのメンバーで充実した議論が可能になる。

会議後

  • 会議中に書かれた内容は履歴として保存され、その場で合意すれば議事録とすることも可能。
  • 議事録、追加資料、ホワイトボードの書き込みなどをアップロードすれば、不参加のメンバーも確認できる。
  • 保存したホワイトボードの内容を、次の会議で表示することもできる。
改善点

会議後の情報共有に要する時間が不要となる。

動画で知るCisco Webex